当社の歴史

オープンカントリーデイリーは2001年のニュージーランドの酪農産業再編を機に、質の高い製品を生産し、国内外のメーカーにこれを供給するために誕生しました。これを機に、酪農業の新たな伝統の扉が開かれました。私たちの共同アプローチにより、オープンカントリーデイリーはニュージーランド第2位の乳製品加工業者、そして世界第2位の全乳製品輸出企業となりました。

当社はニュージーランドの酪農業に積極的に関与し、また卓越性と革新性を目指すことにより、安心できる信頼性をお客様に提供しています。産地直送牛乳を確実に供給できるよう、当社の生産設備はニュージーランドの酪農地帯全体に点在しています。お客様や酪農家との密接な関係、乳業に最適な気候、そして産地直送の原料が、高品質な乳製品を生みだしています。